時給4,000円はありえます!

やっぱり怖い?本当は優しい?
キャバクラ業界の核心に迫る!

キャバクラでアルバイトをするような場合には、しっかりとお給料についての知識を付ける必要があります。キャバクラは一般的なパン屋さんや居酒屋のように時給制というだけではありませんので、事前にどのようなお給料の形態なのかをしっかりと確認しておく事はとても重要になるのです。

キャバクラは基本の時給に加えてバックという物がお給料になります。この額から雑費であったり、車の送迎代金、あとは源泉徴収などが引かれた額が手取りのお給料になります。キャバクラで最も基本になってくるのはやはり時給です。この時給はお客さんの指名の数や売り上げによって大きく異なります。つまり会社にたいして利益を上げれば上げる程に時給は高くなってくるのです。仕事ができる人間の方が時給が高くなるのは当然のことだと思います。指名客の人数や同伴の数をポイントに換算して、月に10ポイント以上は時給4,000円からのように、体感的な貢献度ではなく、しっかりと第三者の方でも納得できるようなシステムで時給を計算している所が増えて来ています。

また、指名客がお店にいてくれた時間を1時間1ポイントとして計算し、延長してくれた場合には、その延長した時間分のポイントなどもつくようになるなどのシステムをとっているお店もあります。どのようなシステムなのかはお店によって異なるのですが、求人情報誌であったり、夜のアルバイトを中心に情報を紹介しているような求人情報サイトなどは、そこまで細かい情報は提示されていない事が多くなっておりますので、メールや電話などでしっかりと事前に確認しておく事がとても重要になります。

また、ポイント制の他にも売り上げがそのまま時給に反映する売り上げスライドシステムを取り入れているお店も増えております。月の売り上げが500,000円以上の場合には、時給4,000円などといった形で売り上げがそのまま時給に反映されるようなシステムになっていて、お客さんの量やお客さんがいてくれた時間ではなく、どれだけお客さんがお金を使ってくれたのかによって時給が変わってくるようになっておりますので、太客と呼ばれるお客さんの指名が多い方におすすめのシステムとなっております。また、ポイントシステムと売り上げスライドシステムの両方を採用しているようなキャバクラも増えて来ており、自分がどのタイプの時給換算システムが良いのかをしっかりと吟味した上でお店を選ぶ事で、より効果的にお金を稼ぐ事ができるようになっております。