感謝と手助けが人気者になる絶対条件

やっぱり怖い?本当は優しい?
キャバクラ業界の核心に迫る!

キャバクラで働く場合に注意して欲しいのがお店の雰囲気です。キャバクラは出来高制ですので、他の女の子の事など関係ないと思っている方も多いのですが、同じお店の女の子同士が仲良くないと、ギスギスした雰囲気がお客さん伝わってしまって、良い雰囲気でお酒を楽しむ事ができなくなってしまいます。その為、同僚の女の子との人間関係はしっかりと構築していく必要があります。

キャバクラは女の子同士が仲良くしていても、もしかしたら表面上だけで後ろでは罵り合っているかも知れない。これまでキャバクラで働いた事がない方は、もしかしたらこのような偏った知識があるかも知れません。確かに、映画やコミックなどでは女性同士の戦いのように表現されている部分もありますが、どのキャバクラもイメージのようにギスギスしているわけではありません。むしろそういったお店の方が珍しいかも知れません。

キャバクラ同士は連係プレイが必要になります。同じ時間に指名が入ってしまってヘルプなどで場を繋ぐ必要がある時間には、自分以外の同僚の女の子に大事なお客さんをお任せしなければいけなくなる時間もあります。逆にフリーのお客さんが来た時には、みんなでお客さんを盛り上げてまた来てもらえるような楽しい空気を作らなければいけません。その為には、自分と自分以外の同僚とがしっかりとコミュニケーションを取っておく必要があるのです。

コミュニケーションというと難しいかも知れませんが、毎日しっかりとあいさつをする。待ち時間に何でもよいので話す。メイクやヘアスタイルを褒める。など本当に日常的な事を繰り返すだけで、何も特別な事を繰り返す必要は有りません。また、最初の頃はケーキの差し入れなどをして顔を覚えてもらおうとする方もいますが、あまり何度も差し入れをしてしまうと、自分よりも下に見られる傾向がありますので、仕事がし難くなってしまいます。ほどほどにしながら人間関係を構築するようにしてください。

キャバクラの同僚の女の子と信頼関係を作るのは何も特別なことをしなければいけないという事ではありません。ヘルプに入ってくれた女性にありがとうというだけでも距離をしっかりと縮める事が可能です。もちろん直ぐにお客さんと寝てしまったり、他の女の子やボーイさん、経営者の悪口ばかりいう人はあまり好意的に思われない可能性があります。なるべく毎日、他の同僚の方から信頼を得られるような働き方が出来ているのか、日々の働き方を見直すのがポイントです。