キャバ嬢が本音を大暴露、実際に勤める前にキャバクラの裏側を知ろう!

やっぱり怖い?本当は優しい?
キャバクラ業界の核心に迫る!

キャバクラ嬢と行ったらみなさんはどのようなイメージをお持ちでしょうか。ブランド品を買いあさっていたり、海外旅行に頻繁にいったり、エステやネイルサロンに月に何度も通うようなお金使いが荒いイメージがあったり、タバコを吸っていたり、彼氏がDQNのようなイメージを持っている方も多いと思いますが、これは映画やコミック、テレビの特番など一部のキャバクラ嬢のイメージが誇張されているだけです。もちろんそのようなイメージ通りの女性もいるにはいますが、大抵は良識のある普通の女性が働いている世界がキャバクラです。わたしの知り合いのキャバクラ嬢の体験談をご紹介します。

最初の体験談は、実家があまり裕福ではなかったため、大学に奨学金で入学した方のお話です。大学の授業やゼミがとても忙しくコンビニなどのアルバイトをする時間が取れませんでした。その為、より高い時給のキャバクラで働く事によって、効率良く稼いでいました。大学在学中の四年間の間に、キャバクラで生活費はもちろんの事、ゼミの旅行であったり、借りている奨学金の大部分を返済し終わっていました。

また、知人の美容師さんは、自分で独立する為に開店資金を集めていたのですが、美容師の仕事だけでは効果的に溜める事が出来ずに悩んでいました。その為、夜はキャバクラで働き、キャバクラのお給料をそのまま開店資金にまわしていました。結果的に二年ほどで600万以上のお金を貯める事ができ、無事開店資金に充てる事ができました。

シングルマザーの方は、近くに託児所が無かったため働く事ができませんでしたが、託児所を用意してくれるキャバクラ店で働いています。小さなお子様のいる状況ですと中々正社員の仕事を見つける事が出来なかったのですが、キャバクラで働く事によって、短い時間で効率的に稼ぐ事ができるようになりました。夕方の17時から23時まで、週に5日から6日の生活をしていて、しっかりと貯金をする事ができるようになりました。お子さんが小学校に行く頃までに簿記の資格をとって正社員を目指すそうです。

キャバクラは、確かに男性の方に対してお酒を楽しく飲んでもらうお仕事ですのでいかがわしいと思われる方もいるかも知れませんが、実際には男性の方からボディタッチをされる事もありませんし、男性の悩みを聞くカウンセラー的な役割などもあるアルバイトですので、どうどうと胸をはって働く事ができるお仕事です。お店によって働く職場の空気が全然違っておりますので、しっかりと体験入店で確認するようにしてください。

キャバクラ嬢からの生の声は、あなたの中にある夜のお店のイメージを変えるものだったかもしれませんね。もちろんお店によって環境はガラッと変わりますから、体験入店やお店の雰囲気の確認は欠かせないでしょう。
だからこそ今、ナイトワーク派遣が人気なのですよ。人気の理由はお店からのノルマはなく、お客様への営業も必要ないということ。 また実際に複数のお店を体験して雰囲気を感じられるので、「あの店はもう嫌だ」「ここなら続けても良いかな」と、ちゃんと実感できるのはナイトワークの派遣ならではでしょう。 ナイトワークが初めての方にとっては難しく感じられてしまうかもしれませんが、お店の徹底したフォローや講習とマニュアルがありますから心配はいりませんよ。